M&A案件の創出

 私たちはM&A案件の企画・立案から交渉、そして最終的な契約の締結に至るまで案件の大小を問わず一貫したサービスを提供し、M&A案件の実績を積み上げてきました。M&A案件の創出から最終契約までは、具体例として以下のようなプロセスが想定されます。M&A案件にかかわる着手金につきましては原則無料(一部例外あり)です。またご不明な点がございましたら気軽にお問合せください。なお、ご依頼いただけましたらM&Aに関する最終契約締結後の組織統合や制度統合に関するコンサルティングも一気通貫で承っております。

Phase1(M&A案件創出)

M&A案件創出

・個別企業様の分析理解

・M&Aの企画・立案

【譲受サイド】

 ・活用可能性の検討

 ・ニーズに沿った仕組の助言

【譲渡サイド】

 ・譲渡理由や問題点の洗出し

 ・他の方法との比較考量

Phase2(対象選定)

M&A案件リスト

・対象先のリスティング

・対象先の基本データ収集

・対象先へのアプローチ

・ヒアリング

・対象先と秘密保持契約の締結

(全ては社名を伏せて行われます)

Phase3(条件交渉)

M&A案件交渉

・対象会社間での情報交換(必要書類等)

・想定される質問事項について事前ヒアリング

・最適な方法の決定

・直接面談/現地訪問の調整

・事業価値評価について助言

・基本合意内容について調整

・契約日等の日程調整

・専門家を含めて、税務・会計・法務面の調整

Phase4(基本合意書締結)

M&A案件合意

・仕組と条件の最終調整

・基本合意書(案)の作成

・基本合意書(案)について双方調整

・基本合意書の作成

・基本合意書調印準備

・公表(IR)及び説明について助言

・基本合意書調印式

・公表に必要な書類の配布

 

Phase5(監査)

M&A案件監査

・監査の対応準備

・監査受け入れ

・監査後の最終条件調整

(当社は監査を行いません。譲受サイドで用意される監査法人のサポートを当社では行っております。)

Phase6(実行)

M&A案件実行

・最終条件の確定

・契約書の作成(株式譲渡契約書等)

・株式譲渡に必要な書面の整備

・最終契約書調印式の調整

・譲渡の実行

・公表及び説明に関する助言

・登記に必要な事項の助言

・成就後のフォロー

お問合わせ

メモ: * は入力必須項目です