つづいていく」をデザインします

 

 事業が「つづいていく」ことは、創業をした方、その事業を引き継いだ方、その事業にかかわる従業員や従業員の家族、そして様々な利害関係者にとって最大の願いや強い思いです。そのような願いや強い思いに寄り添いながら、M&A/事業承継という経営手法をわかりやすく説明し、活用できる可能性を一緒に探り、そして経営者にとって身近な相談者となることが私たちにできる貢献です。私たちはそのような貢献を通じて、事業が「つづいていく」最適な姿をデザインし、M&A/事業承継案件で実績を創り上げてきました。

 

 共生基盤では独自ルートでM&A/事業承継情報を収集し、それをもとに独自のM&A/事業承継に関する仮説提案を行い、そしてM&A/事業承継案件を創り上げています。高いM&A/事業承継案件成就率とスピーディーなM&A/事業承継案件成就の実績があるのも、全てはこの地道な活動が下地になっています。

 

 経営者の皆様には突然M&A/事業承継に関するアポイントをお願いすることがありますが、何卒一度面談の機会をいただけると幸甚です。一般論としてではなく、個別具体的にM&A/事業承継の案件についてご提案申し上げます。

 

代表取締役 中村 亮一

会社概要

商号  株式会社共生基盤
代表者  中村 亮一
設立  2008年10月7日
資本金  500万円(2017年9月末現在)
本社住所

 〒101-0054 

 東京都千代田区神田錦町1丁目23番地7

 iComfort神田橋ビル3階    

事業内容  ①M&A/事業承継の提案及び助言業務
 ②PMI及びM&Aコンサルティング/顧問/経営助言
 ③経営相談、セミナー講師等

代表者略歴

小樽商科大学商学部 商学科 卒(労務管理論/人的資源管理論専攻)。

 

 東証一部上場の大手リース会社、米国最大手の一角であるIT企業の資金運用会社でファイナンスを中心とした業務を経験した後、ネット系銀行で投資銀行部門の立ち上げ、M&A業務やファイナンシャルアドバイザリー業務に従事。その後、M&A専門のコンサルティング会社(流通・小売・サービス業界を中心に案件組成に関与)、不動産ファンド(証券化業務)を行った後に独立して現職。独立後は幅広い業界でのM&Aの実績をつくりあげ、MBOに関するアドバイスも実施。

 

 得意分野はM&A及びPMIコンサルティングと、ファイナンスや事業企画に関する助言全般。これまでに小樽商科大学における講師や、経営戦略を中心としたセミナー講師を引き受けてきた。現在でも継続して経営戦略等のセミナーや、web授業を提供するSchooでロジカルシンキングの授業を担当しており受講者実績はのべ10,000名を越える。

 

 2012年より板橋区創業支援ネットワーク専門員を担当し、行政機関と組んで事業再生の相談等も行っている。

 

 2013年より記事の執筆等も行う。代表的な記事は「売れる会社ってどんな会社?イグジットで会社売却を成功させるための心構え」「【ベンチャー企業は上場してからが勝負!】IPO後の初値はどうなったか?時価総額状況の徹底調査(2015年3Q編)」など。

お問合わせ

弊社代表への問い合わせはこちらからお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です